宮田将吾の高校・大学はどこ?出身地やプロフィールも調査!

スピードスケート・ショートトラック選手の宮田将吾さんはご存知でしょうか?

2021年9月に行われた全日本距離別選手権では、1,000mと500mの2つの種目で優勝しており、

2022年北京オリンピック代表内定をされています。

今回は、宮田将吾さんの高校や大学について。

また、出身地やプロフィールもまとめていきます!

ご覧ください(^-^)v

ショートトラックスピードスケート競技の選手関連記事!!

吉永一貴の母の教育法がヤバイ!?経歴や家族構成も調査!

菊池耕太の兄弟や家族構成について!菊池姉妹との関係性は?


宮田将吾の高校・大学はどこ?出身地やプロフィールも調査!

目次

宮田将吾の高校・大学について

宮田将吾さん現役大学生でのオリンピック内定となります。

2022年北京オリンピック内定者のショートトラック選手で大学在学は、

宮田さんと吉永一貴 さん(中京大)の2名のみなんです。

こちらでは、宮田さんの高校や大学はどこ?

という疑問について調査してきます。

高校

大阪商業大学高校

胸に高校名が入っていますね!2019年のInstagram投稿の写真ですので、在学中になります。

16歳の高校2年生の時には早くもW杯に初出場を果たしていますので、学校側からの期待値は高かったと思います。

大学

阪南大学経営情報学部 (在学中1年生:2022年1月時点)

入学式の時の、宮田さんご自身のツイートがありました!

若きエースが、名門阪南大に入学となり成長が期待されています。

2022年北京オリンピックの出場が内定しています!!

宮田将吾の出身地やプロフィール

●生年月日:2003年1月27日

●年齢:19歳(2022年1月時点)

●身長:170㎝

●出身地:大坂府

●趣味 : 美味しいものを食べること

●憧れの人(尊敬):西谷岳文さん

豆知識!!
【西谷岳文さんてどんな人?】
阪南大学の先輩
「浪速の弾丸」と形容されるスタートダッシュが持ち味で、長野オリンピックでは500メートルで金メダルを獲得。当時19歳1ヶ月であり、日本の冬季オリンピック史上初の10代のメダリスト!!2014年までは、日本選手団としては冬季オリンピック史上最年少のメダリストであった。
(冬季オリンピックにおける金メダリストとしては現在でも史上最年少)。
引用:wikipedia

若き日本のエース!!実績も素晴らしいです。

●2019年:国民体育大会(少年)500m / 1000m・優勝
●2019年:全日本ショートトラック選手権大会・総合2位
●2020年:全日本ショートトラック距離別選手権大会 1500m・優勝
●2021年:国民体育大会(少年)500m / 1000m・優勝
●2021年:全日本ショートトラック距離別選手権大会 500m / 1000m・優勝,1500m・2位

国際大会の実績という所で、北京オリンピックのご活躍を期待しています٩( ‘ω’ )و

まとめ

宮田将吾の高校・大学はどこ?出身地やプロフィールも調査!

こちらいかがでしたでしょうか!?

現役大学生の宮田選手!!若い力で頑張っていただきたいですね((o(^∇^)o))

ご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

田舎育ち、大学生までは陸上競技一本で取り組んできました!

ただ早く走れればいい!と思っていた競技生活、怪我をしてしまい思うような走りができずに競技生活を終えました。

社会人になり、フィットネス業界でインストラクターとして、様々な運動指導をするなかで、
はやりランニングの楽しさを伝えたい!
という思いから、ランニングインストラクター資格を取得して、初心者向けの指導者として活動をはじめました。

この【ランニング好き広場】でも、今までの経験も踏まえて、ランニング初心者の方に向け、メッセージをのこせたらいいなと思っています。

また、このブログを通して、ただ走るという動作の中でも無駄のない走りを目指していただけるように日々お伝えをしていきます!

コメント

コメントする

目次
閉じる