【2022最新】才賀紀左衛門の仕事(本業)や収入源・年収は?娘(家族)ブロガーで格闘家の現在は?

元キックボクサーの才賀紀左衛門さん

2019年12月に離婚成立した
タレントのあびる優さん
長女の親権争いで度々話題になっていますよね。




今回の記事では、
才賀紀左衛門さんの現在の仕事や年収、
また事実婚状態の彼女と娘の現在について


まとめていきます!


目次

才賀紀左衛門、現在の仕事収入源。年収は?

格闘技やキックボクシングで
活躍されていた才賀さんですが、
現在は何で収入を得ているのでしょうか?

現在の才賀さんの仕事について調査しました!

格闘家としての収入

才賀さんといえば、キックボクサーと
格闘家のイメージが強いですが・・・

現在格闘家としての収入は0です



過去に才賀さんは自身のブログで、
生まれてくる子どもの将来について
「絶対に格闘家にはしたくない」と断言した上で、

「格闘家は今でこそ実力とキャラがあれば
YouTubeで稼げるようなったけど」としつつも、
自分が1番活躍していた時代はテレビも
YouTubeも全然なく苦しい時代やった
」と説明

J-CASTニュースより引用


総合格闘技を2021年、
プロキックボクシングを2020年以降は
大会に出場していません。



その為、2022年現在の
格闘家としての収入は0だと考えられます

YouTuber

現在才賀さんはYouTuberとしても活動されています。
しかし、収益は0だと考えられます

2年前の更新を最後に
2022年現在はアップされていません。

更に登録者数も4870人と、芸能人としては少なめ

収益化の条件!

  • 1000回再生の場合、400円~600円の収益の見込み
  • 公開動画の総再生回数が直近12ヶ月間で4000時間
  • チャンネル登録者数1000人以上

ストレッチ専門店

2022年3月に筋膜リリース&ストレッチ専門店
「フィジカルワークアウト」を
オープンさせた才賀さん。

収入が0だと考えられます


現在はHPにアクセスできない為、
廃業してしまったのでしょうか?


2020年3月は、丁度コロナウィルスが日本に
蔓延し始めた時期なので客足が
遠のいてしまったのかもしれませんね。

オンラインフィットネス

現在オンラインフィットネス「モントレ」
を運営している才賀さん。

月4回コース12980円
月8回コース22800円
月12回コース29800円
キッズはオフラインコース5980円

会員数など明らかになっていないため
推測ですが・・・
一番安価な月4回コースを12980円×25人と仮定すると
324500円の収入になる計算です。

324500×12ヶ月=3894000円になります。
(あくまで仮定です)

インフルエンサー

Twitter、Instagramを利用している才賀さんですが、
インフルエンサーとしての収入は0です




2021年より広告主から報酬を受け取り、
商品紹介する際は投稿に明記しなければいけない

特にPR案件と思われる投稿はされていません。

アメブロ

才賀さんの一番の収入源では?
と言われているアメブロ



あびる優さんとの騒動がニュースになる度に
才賀さんのブログにアクセスが集中するそう。



2022年9月現在のランキングはパパ部門1位
総合ランキングでは10位と中々の収入を得ていそうですよね。


確実な年収は明らかになっていませんが、
ネットでは推定年収は6000万円と予測されています。



芸能人がアメブロで収入を得られる理由は、
アドセンス広告によるもの。

芸能人がブログに広告を掲載、記事を更新


広告収入を運営元アメブロが受け取る


受け取った広告収入の一部をアメブロが芸能人に分配

する流れとなります。


才賀さんの収入の多くは
アメブロなのではないかと考えられます


才賀紀左衛門はブロガー?娘との日常

才賀さんは、アメブロのパパ部門1位に輝くほど
の更新率の高さです。


さらに、事実婚状態である
妻・阪田絵莉さんもアメブロを
始めたこ
とで、話題になっています!

才賀さんは、多い日には1日10件更新することも。
ブログでは何気ない日常を更新しています。


また妻の絵莉さんも妊婦部門1位と夫婦で
職業・ブロガーと言っても過言ではないでしょう。


SNSでは

あびる優さんが親権を持っているはずの
長女と才賀さん、妻絵莉さんで暮らし、
長女をダシにしてブログで稼いでといると批判の声も。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の記事では

今回は才賀さんの年収は推定6000万円。
主な収入源はブログの収益


以上をお伝えしました。

ご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる