昇りもダイナミックです!

【周辺情報】京都府内唯一の鍾乳洞へ。

 

都として、文化の中心地として1300年以上の長きに渡って栄えた京都、市街地が注目されがちですが、京都府下には市街地に負けない魅力がたーくさんあります。その中でも、森の京都 京丹波町には、京都府下で唯一の鍾乳洞「質志鍾乳洞」があると聞き、大人になって無くしてしまった、あの頃の冒険心が沸々と湧き上がるのを感じながら、早速車を走らせてみました!

京都市中心部からも、篠山市からも車で約1時間30分。森の京都 京丹波町にある質志鍾乳洞は昭和2年に発見された京都府下唯一の鍾乳洞だそうです。意外とありそうで、ないものなんですね。

太古の昔(二億六千〜七千万年前!?)京丹波町は海の底にあり、その後長い年月をかけてこの質志鍾乳洞が形成されたそうです。今でも周辺をよーく探すと太古の生物の化石が見つかることもあるとか……ロマン!

残念ながら、鍾乳洞と聞いて想像するような鍾乳石や石筍は、その多くが折損・破壊されてしまったため、現在は見ることができません。

しかし、しかーーし!、質志鍾乳洞の最大の魅力は、総延長52.5mに渡って25mの落差を体験できるアドベンチュラス、そして少しだけデンジャラスな縦穴のコースにあります!これはもはやちょっとした冒険ですよ!! ※くれぐれもハイヒールでは訪れないようにしてください。

また、公園内には、流れ落ちる水が13弦の琴糸のようにみえる「琴滝」やキャンプ場・バーベキュー場などがあり、夏休みに家族で訪れるのにぴったりな場所となっています。

森の京都と言われるだけあって、木々に囲まれた、マイナスイオンに充ち満ちた気持ちのよい環境にあり、周辺を散策するだけでもリフレッシュできそうです。

今年の夏休みの家族旅行は是非、京丹波町へ足をお運び下さいねー

 

質志鐘乳洞公園

住所:京都府船井郡京丹波町質志大崩12−1
開園時間:10:00 〜 16:00
休園日:4月~11月は無休/12月及び3月は土曜・日曜・祝日のみ開園/1月~2月は休園 ※大雨の時休園
URL:http://www.kyotamba.org/質志鐘乳洞公園/